ひのあブログ

日々の生活を配信しております。子育て・仕事・ダイエットなどなど

みんな仲良くは諦めましょう

f:id:hinoalife:20210306224530p:plain  

こんにちは。自分の気持ちに素直はひのあです!

今年の4月から我が子も小学生になり感慨深いものがあります。

 

私が自分軸で生き始めてから、なんでこんなに周りに合わせて生きてきたのかを考えておりました。それは家庭環境もあったのかもしれないし小学校の教えによるものも大きかったような気がします。

 

小さい頃から『みんなと仲良くしなさい』と言われることはありませんでしたか?

 

学校の教育上、そう教えられ続け人に対してはなるべく好意的に接する努力をしてきました。

 そんな私は人付き合いがとても疲れる人間です。1人で映画鑑賞や漫画を読んでいる方が気楽なものでした。

 

 苦手な人間や自分に悪意を持って接してくる人間にも自分の嫌な気持ちをごまかしてきましたが、やはり自分の気持ちは正直です。

 

無理して話をしているので自分でも思ってもいないことを口走ってしまったり、余計ドツボにハマってしまうことが多かったのです。

 

元々自分の言いたいことを言語化するのが苦手なうえに話したくもない人間とコミュニケーションをとることは、苦痛そのものでした。

 

社会に出てからも人間関係に疲れて辞めてしまうと根性のない人間だとレッテルを貼ってくる人間もいました。どこにいっても同じだと。

 

でもそんなことはないのが現実でした。

 

人間関係が良好の職場では嫌で辞めたことはなかったし、学生の頃でもクラスに自分の気が合う人が多いほど過ごしやすいものでした。

 

結局は周りにいる『人』で自分の過ごしやすさが変わります。

 

そして無理して自分と合わない人間と付き合わなくてもいいということに気づきました。

人に合わせるよりも環境を変える努力をした方がはるかに得るものが多かったのです。

 

とは言っても、環境を変えるのは最終手段です。

しばらくその環境で過ごして毎日が苦痛ならGOサインのしるし。

 

特定の人間だけの場合ならこちらから無理して話す必要もなく、話しかけられたら普通に受け答えをすればいいだけ。自分でハードルを上げていたんだと、ようやく気づけました。

 

小学校に上がる我が子にも「みんなと仲良く」という言葉は使いたくないと思った今日この頃です。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

ポチっとして頂けると嬉しいです。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村