ひのあブログ

日々の生活を配信しております。子育て・仕事・ダイエットなどなど

【第4章】ダイエットの食事管理と家計簿の見直しの狭間で

f:id:hinoalife:20210125045354p:plain

こんにちは。ダイエット中のひのあです。

ダイエットも1年近くやっていると運動は習慣付けに成功しましたが、食事面では元に戻ってきたりと前進もあれば後退もありました。

 

始めのうちはダイエットのみ集中できたので予算も大して気にせず、ご飯の量を2杯から1杯にするためおかずを増やして満腹感を出したりしていました。

 

そんなダイエット中にお金の管理について見直しすることになりました。

 

見直しをした際に夫からの一言。

「おかずの品数多くない?」でした。

 

自分では炭水化物(ご飯)の量を減らす策でやっていたのですが、夫の言い分では費用もかかるし品数の多さよりも一品に対する量を増やしてほしいとのことでした。

 

そりゃ~私だって作る手間が省けて、そっちの方がいいんだけど・・・と、ダイエット的には品数多くしたい気持ちとの板挟みでした。

 

品数以外にも費用が掛かってしまう原因は添加物が多く入っていない食品を買うようにしたことです。やはり添加物が多く入っているものは、余計なものが入っていない食品に比べて安く購入できます。

 

一時期、無添加のものにこだわっていた時期もありました。これも指摘があり費用がかかる割に口に合わないと言われた食品は以前のものに戻すことにしました。

 

食費については見直しをしても予算オーバーをしましたが話し合いの結果、外食費と日用品費の帳尻合わせをしていくことで決着になりました。

 

ダイエットについては家計見直し後に何かダイエット食に向いているものを考えることにしました。

 

思いついたのが玄米と白湯。

うちは義実家からお米を頂けるのでタダです。白米とのカロリー比較をしても対して数値は変わらないですが、玄米のいいところは固い!

炊飯器に玄米炊きがあったので炊いてみたのですが、それでも白米に比べて固いです。

 

私は早食い習慣がなかなか治らないので固い玄米は噛む回数を増やしてくれるので意識できるのが良い点でした。

 

ただ家族からは白米の方が良かったので玄米は多めに炊いてから冷凍して自分の分だけ温めて食べるようにしています。

炊飯器が1つなので炊くタイミングを逃すとストック切れになるのが難点でした。

 

白湯を始めたきっかけは仕事場に持っていく水筒の茶渋きの汚れが目立つ理由から始めました(笑)

 

ちょうど冬の寒い時期だったので温かいものが飲みたかったから、ちょうど良いタイミングでした。温かい飲み物を飲むとお腹が満たされ間食もそんなに多くはとらない点も良かったです。

朝に飲むと身体も暖まり自然と動きやすくなります。

 

まだ始めたばかりの試みなので、どんな変化が起きるか楽しめる範囲で続けてみようと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

ポチっとして頂けると嬉しいです。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村