ひのあブログ

日々の生活を配信しております。子育て・仕事・ダイエットなどなど

家計簿を見直してみた

f:id:hinoalife:20210124132057p:plain

こんにちは!自己成長中のひのあです。

今回の記事は家計簿を見直してみた記事を書きました。

 今までの私はというと、自分のパート代分だけ管理したかなり大雑把な家計簿でやっていました。

私のパート代の内訳は

・自分のお小遣い

・子供の園にかかる費用

・貯蓄

全体の家計管理は夫任せでした。

それで家計が回るのなら得意な人間に任せていたわけですが、それがずっと続くとは限らないことが起こりました。

 

 

静かに狂っていた家計

きっかけは夫の仕事場の部署が変わり今までにはなかった経費の立替をするような場面が多くなったことです。

口座のお金の出入りが多くなりそれが1年以上続いた時には貯金残高が思いのほか減り、年払いの支払いができない金額にまでなっていたのです。

 

私が使い過ぎると責められる始末だったのですが、いつも通りの食費代と私のお金で立替しておいた金額分しかおろしていない、といっても信じてもらえませんでした。

なぜなら家計簿をつけていなかったから。

普段の大雑把なお金の管理を口だけ言っても説得力に欠けていたのです。

 

ちなみに年払いの支払いは期日に遅れることなく払うことはできました。

子供用の貯蓄に手を出して。

この時本当に情けない気持ちと危機感を感じ、家計管理を自分でも把握する決意をしました。

 

把握から始めてみた

家計簿をつけることになったのですが昔はノートに記帳していた時期もありました。結果は長続きせずに終わってしまいましたが(--;)

 

年間の支出を知りたかったので今までより長期にわたる管理をしないといけません。

アナログの家計簿では続かなかったのでスマホアプリで探すことにしました。

 

ちょうど数字を入力するだけの家計簿アプリを見つけたので試しにやってみたら自分に合っているものを見つけました。

ちなみに使っているのは「おカネレコ」というアプリ。

 

心掛けていたのはレシートをもらったらなるべく早めにアプリに金額入力をしていったこと。

そんな些細なことを続けていったらいつの間にか習慣化できていました。

 

ここでの経過でお互い使っているお金がどの予算のお金かを知ることになりました。

夫に関しては医療費代が私の分は予算なしでお小遣いから出していると思っていたことが分かり、それは納得できなかったので私の医療費代の予算を確保してもらいました。

 

私に関しては今までは買い食いのお金を食費として計算してましたが夫にツっこまれ自分のお小遣いから捻出しました( ・・)

そのおかげでお金に対しての価値を深く考えることになり、無駄遣いが以前よりは少なくなりました。

 

食費に関しては私の買い食い分を見直しても予算オーバーすることが判明。

予算内に納めてほしい夫と、この予算ではキビシイという私の意見。実際予算を意識した買い物をし家計簿をつけていった結果・・・

  外食費と日用品の予算で帳尻あわせをしていくことで決着。

この時、見直した家計管理と数値というデータが説得力を増してくれました。

 

おわりに

一時期は家計が崩れてしまいましたが、お金の使い方を意識しだしてからは子供から借りた貯蓄も半年で返し終え、夫婦2人で資産運用を意識するようになりました。

 

家計簿を見直すと無駄なお金と必要なお金が分かってきたことが大きい収穫だったと思います。個人的に続けられるコツはきっちりしすぎないのが精神的に楽で続けやすかったです。

 

とはいえ、我が家の資産形成はまだまだ発展途上です。これからも勉強をしてより良くお金に困らない生活を目指したいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

 

ポチっとして頂けると嬉しいです。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村