ひのあブログ

日々の生活を配信しております。子育て・仕事・ダイエットなどなど

私が思う占いをして頂く時の心得

f:id:hinoalife:20210124132311p:plain

こんにちは!人生が好転してきたひのあです。

タイトルの通り占いについての記事なのですが初めに言っておきます。

私、占い好きではないです。

これは私の幼少期による親からの影響なのですが私の母が占いを妄信的に信じ込む人間でした。

占い師さんが母に「~しなさい。こうしたほうが良くなる」と言われ、鵜呑みにしていた人生は思い込みと偏見を増長させる結果で終わったからです。

 

そんな身近で失敗してきた人間を見てきた私がなぜ占いをしてもらったのかと言うと、

ちょうどこの頃は私の人生転落から浮上しようと決意していた時でした。何度も自分の自己分析をして必要なマインドを知った時です。

 

ある日ママ友さんとお話ししている時に「背中を押してくれる占い師さんがいる」という話を聞き軽い気持ちで行ってみました。

 

実際にやってもらったのは、手相・四柱推命です。

お話しを聞いていくうちにどんどん言い当てられ、占ってもらっている間は楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

印象的だったお話しの中で私の人生転落があったお話しをした時です。ちょうど本厄があった年に起こったので女性は30代の時にもう一度あるから、どうすれば回避できますか?と聞いてみました。

 

すると「悪いことが起こってしまう、と怖がるのではなく教えてくれる年と思えばいいよ」と言って頂きました。

たしかに以前の本厄に起こった事は忘れがたい記憶として残りましたが、それだけのことがなければ自分自身を偽り他人軸で生きたままだったんだろうな、と思いました。

 

現在は自分軸で生き始め自分への投資が大事だと気付けたので、きっと必要なことだったと思えるようになってきました。

とは言っても自分の心に余裕がある時にそう思えるようになっただけです。私もまだまだですね(^-^;

 

帰り際に占い師さんに「あなたは占いが必要ない人間ね」と言われ、自分でもそんな気がしていました。

それは自分で何度も自己分析をして足りないものが分かっていたからです。

 

占って頂くといっても結局は自分で決めて責任をとっていくしかありません。

私の母の場合は自分の問題点や責任を相手のせいにしていました。助言を聞いて行動し決めるのは自分の責任です。

 

なので私が思う占ってもらう心得とは自分を客観視してから考え、背中を押してもらうつもりで行かれた方が楽しい時間を過ごせるのではないかと思います。

 

なので私は悩んでいる時には行きたいと思いません。それでもアドバイスがほしいのなら行動の責任は自分にあることを忘れてはいけません。

 

あれ以来訪れていませんが今度行く時は自分軸で生き始めた私が自分を誇れるくらいになった時の楽しみにとっています。まず背中を押してもらったことに対してお礼をしたいですね。

 

この記事が読んで下さった方の良い転機になりますように。

ここまで読んで頂きありがとうございました!