ひのあブログ

日々の生活を配信しております。子育て・仕事・ダイエットなどなど

【滝行】安産・子授かり・子育てにご利益がある豊岡市法華寺の体験

こんにちは!人生が好転し始めたひのあです!

 

わたしは一時期、人間関係で精神的なダメージを受け続け心が弱まった時期がありました。自分らしく生きていこうと気合いを入れるためにパット頭に浮かんだのが滝行でした。

今回は私が行ってきた滝行の様子を紹介したいと思います。

 

 

兵庫県豊岡市 法華寺 赤花(鬼子母神)

 コースは2つあります。

  • 一泊二日のコース
  • 半日コース(午前・午後)

 私は半日コースを選びました。半日コースでも十分すぎるほど濃い1日です。

御祈祷料は1人3,000円。

ホームページには記載されていませんがお心付けか祭壇に供えるものを持って行かれるとよいかと思います。

 

半日コースの流れ

  • 法華寺(本堂)にて読経
  • 神龍の滝で水業(滝行)
  • 神龍山山頂(本殿)へお参り(鬼子母神が祀られている場所)
  • 法華寺(本堂)に戻り写経
  • 聞経

水業の際は男性の場合はふんどしを借りられるみたいです。

女性は白衣を借りられました。水業の際に透けてしまうので中に水着かTシャツを着た方がいいです。

私の場合は水着にしました。タオルも忘れずに。

 

アクセス 

〒668-0352

兵庫県 豊岡市 但東町 赤花 398

TEL 0796-56-0526

※ 必ず電話で予約をしていって下さい。

 

鬼子母神とは?

鬼子母神とは元々は人の子をさらう鬼女でありました。子をさらわれた人達がお釈迦さまにお願いし鬼女の子供を隠してしまいました。

 

悲しむ鬼女にお釈迦さまが『今の鬼女と子をさらわれた人達の気持ちは同じ』と戒めました。

 

 それから鬼女は改心し後に鬼子母神となり安産や子育ての神様として祀られるようになったお話しです。

 

なのでご利益としては子授け・安産祈願・子育て等が有名です。

 

 

滝行って聞くと大変なイメージがある?!

はい。そのとおりです(笑)

法華寺から滝までの距離が約450m。そこから鬼子母神が祀られている場所まで約450mの登り道だったので私には大変でした(^-^;

 

ふだん山道を歩かない人や体力がない方にはキツイと思います。

 

道中は住職さんの説明を聞きながら歩きます。とても気さくで渋い声の方です(笑)

お寺のことなども話して下さりました。住職さんも何かと大変なようです。

 

そんなお話しをしている間に滝に到着!

桶で滝から水を汲んで(終わった後の足元のタオルとサンダルを洗うため)小屋の中で白衣に着替えます。

住職さんに塩を振ってもらい

 

いざ!滝へ!!  とりゃーー

 

つめた~~~い!!

 

見た目より水の重みがありました。コツは大きい声を出すこと。腹から声を出さないと息が苦しいです。

水業している間は住職さんがお経を読んでくれます。

f:id:hinoalife:20201214144102j:plain

 

 

終わった後は先に汲んでおいた桶の水で足を洗い着替えます。

そしてそこから山頂まで険しい山を登ります(;´∀`)

 

鬼子母神が祀られている本殿に到着。内外の清掃をし心願成就の祈願 をします。

f:id:hinoalife:20201214144032j:plain

 

そして下山し本堂に戻ったら写経をします。

その後は住職さんとお話しをして半日コースの終了です。

 

おわりに

決意表明と気合いを入れるために始めた滝行(水行)。
今まで他人に降り回されてきた人生でしたが自分軸を持ち始めてきたから人生が好転してきました。

 

ふだん滅多に経験できないことは視野が広がり気持ちを新たにさせる体験でした。

 

修練後、豊岡市と言えば出石そば(皿そば)が有名!

必ず立ち寄っていきます。

終わった後のご褒美として(*´∇`*)

こちらの方もオススメです!

f:id:hinoalife:20201214143950j:plain

 

ぜひ、そちらも立ち寄ってみて下さい。

 

読んで下さりありがとうございました!